セイヒョーさん氷菓!その名も金太郎!その味は!?

金太郎アイスアイキャッチ
  • URLをコピーしました!
  • やっぱ暑い夏にはアイスが食べたくなるなぁ。
  • ガリガリしたアイスなんて夏にはぴったりだよなぁ。
  • その中でもガリガリ君はいいけど、ちょっと違う味も食べてみたいなぁ。

って人にはセイヒョーさんの氷菓はいかがでしょうか!?

これまでも、セイヒョーさんの氷菓を紹介してきました。

それこちらからどうぞ!

今回の氷菓はなんと金太郎って名前のアイス(氷菓)です!

金太郎って!?どんな味だー?って思いませんか?

ネーミングが面白いですね。

セイヒョーさんの氷菓はもも太郎といい、ももえちゃんといい面白いネーミングな気がする。

目次

金太郎とは?

さて、金太郎とはどんなアイスでしょう?

金太郎箱入り
金太郎単品

パッケージから味の想像はつきますね。

ざっくり言うと小豆入りの氷菓って感じでしょうかね!

金太郎って何の由来なのかな?

セイヒョーさんも色々とアイスを出していますね。こういう氷菓は夏に本当に美味しいですね。

味は?

さぁ、食べてみます。

金太郎アイス

見た目は確かに小豆がちらほらありますね!和風な甘味が好きな方は好きな感じでしょうかね。

金太郎実食

ガリっと食べてみました。

これは小豆味のアイスの代表格とも言っていい、あずきバーに比べればかじりやすいですね。

これは氷菓に味を加えている感じですね。あずきバーはなんと言うか、あずきの煮汁語と凍らせているような感じですからね。

その分、この金太郎の方が味はあっさりしている感じですね。その分、冷たく感じますね!

あずきの味は感じつつもあっさりしているので、2本ぐらい食べられそうです。

成分は?

成分ですが、

アイス(氷菓)なので糖質がほとんどなんでしょうかね。

金太郎成分

1本あたり、85mlで123キロカロリーでした。

85mlって結構ありますね。

確か、もも太郎は85mlで、ももえちゃんが75mlでした。

金太郎が多いってより、ももえちゃんが少ないって感じでしょうかね。

その中身はほとんどが炭水化物ですね。たんぱく質もほどほどに入っています。きっと小豆分のたんぱく質かな。

金太郎成分

原材料はやはり当然ながら糖分が多いですね。アイスですからね。

糖分と、あんと、甘味料を固めたって感じでしょうかね。

そういうと…健康にいいかって言うと、そうではない気がしますね。でも、健康的なアイスってあるのか!?

どちらかと言うと氷菓がヘルシーな印象で食べていますけどね…

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はセイヒョーさんの氷菓、『金太郎』を紹介させていただきました。

小豆入りの氷菓って感じですね。あずきバーに比べるとガツンとあずきの味がするってよりあっさりした小豆味って感じですね。

僕はあずきバーも好きでよく食べるんですけど、たくさんは食べられないですね。

金太郎はあずきの味がするんですけどわりとあっさりしているのでサクッと食べられます。2本ぐらいいけるかな?

ってアイスを一気に2本は贅沢でしょうかね。

アイスが美味しい季節はまだまだ続きますね。

アイス好きにはたまらない季節ですね。今後も載せていきたいなぁって思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる